小学生ぐらいの子供

いじめの原因を除去する

学校では、いじめが大きな問題になっています。
いじめはもちろんいけないことですが、いじめられないように対策することも重要です。
子供は見た目がみんなと違っている人がいると、いじめてしまう傾向があります。
歯並びが悪いことが、いじめの要因になるので気を付けてください。
子供の歯並びが気になる場合は、早めに改善した方が良いでしょう。

柔らかいワイヤーを使う方法だったら子供でも痛みを感じにくいので、積極的に治療をしてくれると思います。
子供が治療を怖がっている場合は、痛くないと伝えてください。
子供の頃に治療することで、効果を発揮しやすくなります。
大人になると、歯並びが固定されるので矯正が完了するまでに、時間が掛かるかもしれません。

みんなに知られないように

子供は、クラスメイトに歯並びを矯正していることを知られたくないかもしれません。
しかし矯正中はマウスピースをずっと装着して過ごすので、どうしても気づかれてしまいます。
コッソリ治療するなら、長期休みを狙ってください。
夏休みの初日に歯医者に行って治療を開始すると、夏休み期間だけで矯正が終わるかもしれません。
学校に行く頃には、綺麗な歯並びになっています。

歯医者に行くタイミングも、見極めましょう。
しかし歯並びの状態によって、どのくらいの期間矯正するのか変わります。
子供でも、かなり歯並びが悪くなっている場合は数か月の時間が必要になるかもしれません。
学校にマウスピースを付けなければいけない場合は、透明なものを使用すると良いでしょう。


Share!
B!

ページTOPへ