注意事項を聞いておこう

箸で半分に切れるぐらいの固さ

固い食べ物は禁止と言われていても、どのくらいの固さがいけないのか具体的にわからないと思います。
目安として、箸が簡単に通るぐらいの固さまで大丈夫だと言われています。
箸が通らないぐらい固い食べ物は、噛む時に力を入れなければいけません。
その時に痛みを感じるので注意しましょう。
また力を入れたことが原因で、マウスピースの形が変わる可能性があります。

すると歯並びを綺麗に治すことはできませんし、悪化するかもすれません。
固いおせんべいなどは、治療が完了するまで避けてください。
少しガマンするだけで、綺麗な歯並びが手に入るので頑張りましょう。
野菜の、根菜類は固いのでよく火を通してください。
食べる前に、必ず箸で固さを確認しましょう。

医師に質問できる

歯科矯正治療を受ける際に、医師に疑問点を質問できます。
やってはいけないことや、注意事項に関してもっと説明を聞いてください。
注意事項をしっかり理解していないと、知らずに禁止されている行為をしてしま可能性があります。
すると歯並びが綺麗になるまで時間が掛かるので、その分費用も高額になります。

早く治療が終われば、低コストで済みます。
しかし治療期間が長引くと、それだけ期間が高額になると覚えておきましょう。
質問すると医師がわかりやすく教えてくれるので、知識を持っていない素人でも簡単に理解できると思います。
痛みを感じず、すばやく歯並びを治すためには自分が理解することが重要です。
医師の説明を、真剣に聞きましょう。


Share!
B!

ページTOPへ